大好きな海のこと、旅のこと・・・


by 1814sanu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
大瀬崎
柏島
川奈
八幡野
青海島
須江
串本
獅子浜
志津川
伊豆大島
八丈島
羅臼
島根
佐渡
鹿児島
ケラマ
石垣島
IOP
三保
温泉
雑記

ご当地グルメ
横浜グルメ
お魚
甲殻類
ウミウシ

クラゲ・頭足類
海の生物
マブール・シパダン
房総
相模湾

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 06月
2010年 05月

フォロー中のブログ

BAGUS!
Jonny and Ju...
萌葱コロッケ
AQUAS
 水中写真 マクロ魂
クボジーの花鳥風月
NANA 今日の海日誌
もんもんのもんもんもん
なんちゃってマクロ魂が往く
号外!かわな版 
八丈島ダイビングクラブ・...
屋久島ダイビング日記

最新のコメント

最近忙しいのかアップが滞..
by tomi at 08:32
ども。ご無沙汰しています..
by 1814sanu at 07:22
あっようやく屋久島記事だ..
by いたる at 22:22
和泉さん。 屋久島。楽..
by 1814sanu at 13:37
屋久島はどうでしたか? ..
by いずみゆーじ at 06:50
僕もJuliaさんのブロ..
by 1814sanu at 22:55
リンク貼らせていただきま..
by Julia at 01:38
ハイ。 約1年ぶりに復..
by 1814sanu at 00:03
ブログ再開ですね… 早..
by あねご♪ at 09:08
ありがとうございます♪ ..
by sanu at 13:01
お疲れ様です。 確かに..
by sanu at 12:59
ちわっす この前お局様が..
by ゴロウ at 08:05
ブログ開設おめでとうござ..
by あねご♪ at 00:37

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ハリヨ
at 2016-04-29 09:08
トサカギンポ ♂
at 2016-03-31 23:47
ムカデミノウミウシ
at 2016-03-30 23:32
カブトガニ
at 2016-03-30 23:27
ヤツデイカ
at 2016-03-28 23:54
ゴトウヤドカリ
at 2016-03-27 23:47
ミカドウミウシ
at 2016-03-26 06:55
ミクロプロステマ・タケダイ
at 2016-03-25 23:58
イマイホンヤドカリ
at 2016-03-24 23:19
ホタルイカ
at 2016-03-20 00:03
パロンシュリンプ
at 2016-03-18 23:25
フィコカリス・チャゴアエ
at 2016-03-17 00:00
ヒメキンチャクガニ
at 2016-03-15 23:58
チンヨウジウオ
at 2016-03-15 00:10
ミズタコ
at 2016-03-13 23:13
セイタカハナヅトガイ
at 2016-03-12 08:43
コウリンハナダイ
at 2016-03-12 02:19
サケビクニン
at 2016-03-12 02:10
ホテイウオyg
at 2016-03-11 23:16
スベスベオトヒメエビSP
at 2016-03-11 23:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:未分類( 5 )

ホタルイカ

滑川での撮影。
生息じたいは鳥取、兵庫、伊豆駿河湾などでも見れます。
ダイビングフィールドでは滑川が確実でしょう。
但し、大潮前後で極力新月前後の凪と縛りが多いですが。。。

d0162868_23593731.jpg

滑川・ビーチ -10m 2016.3
[PR]
by 1814sanu | 2016-03-20 00:03

ヤドカリ君。

先日の志津川でのことですが、寒流系のヤドカリのオホーツクホンヤドカリの脱皮が見れました。
このヤドカリはヤドカリの中でも大型の部類で、約20cmぐらいまでデカくなります。
繁殖のシーズンになると、ナイトでは海底一面にヤドカリ畑になるほど集まり、その光景は圧巻です。
勿論。昼間もソコソコ集まるので、観察とワイドに写真を撮ると面白い被写体でもあります。

本題に戻って、先日のオホーツクホンヤドカリの脱皮ですが・・・
実に無用心な感じです。
当然、脱皮のときは巣の貝を脱ぎ捨てるので、かなり危険な状態なるのですが・・・
驚いたのが、今まで住んでいた貝も無く、近くに新しい貝も無く、まさにスッパで脱皮をしていました(驚)

その肝心な脱皮シーンは写真も動画も獲れませんでしたが、体長15cmほどの大きいヤドカリ君は正々堂々と脱いでいました。
これだけ、デカイと外敵も心配ないのかな・・・
d0162868_0405335.jpg

二つ岩(志津川) 2010.5.29

コチラは、オホーツクホンヤドカリのチビです。チビも沢山見れました。
d0162868_0484977.jpg

二つ岩(志津川) 2010.5.29


でも、やっぱり僕の好みと言うか、興味がソソラれたのはカイメンホンヤドカリですね。
d0162868_0523019.jpg

二つ岩(志津川) 2010.5.29
大瀬崎の外海でも、たまに出没しますが・・・
水温が15度以下と寒い時が多いです。
羅臼や志津川のような北の海のほうが、宿主のコルクカイメンがキレイです。
こいつも集団で繁殖(産卵)するらしいので、その海底一面に集まる風景は圧巻でしょうね。
また、コイツの取り扱い注意事項は宿主のカイメンを持上げると、簡単に身が巣から抜け落ちること・・・(汗)
穴が大きすぎる感がありますが、これがカイメンホンヤドカリのカワイイところでしょうかね。。。

また、今回の志津川ではカイメンホンヤドカリに付く共生エビの激レア・キシノウエモエビが見れました♪
超ラッキーです。。。
d0162868_105552.jpg

二つ岩(志津川) 2010.5.29
[PR]
by 1814sanu | 2010-06-05 00:41

サッキング。

先日の志津川の海からです。


シシカジカという昨年、標準和名のついたカジカの仲間の抱卵に夢中になりました。
それまでホホウロコカジカと呼ばれた、このシシカジカは面白い習性があります。

カジカという種は基本的にオスが抱卵する習性なのですが、このシシカジカはメスが抱卵します。
そもそも、抱卵という行動は”卵を守る以外に卵に新鮮な水を送りだす”というものです。
通常は胸鰭で水を送る行動が普通なのですが、このシシカジカは”サッキング”という口をラッパ状に尖らせて水を送り出す行動をします。

d0162868_22493046.jpg

シシカジカの前の砂礫にある卵。薄っすら目がある粒状のものがあります。

d0162868_22522771.jpg

口を尖らせ水を送っているシシカジカのメス。紫色の漏斗のような口?で新鮮な水を卵に送っています。

d0162868_22551059.jpg

正面から見ると強面のシシカジカのメス。気が強いカジカの仲間らしくカメラを向けても全然、逃げませんでした。


この日はシシカジカ以外にもサッキングをするカジカの仲間を見れました。

d0162868_22592140.jpg

このヒメフタスジカジカもサッキングをする種です。
産みたての卵は桃色です。またカジカの口のヨコの卵は孵化が近いため、目が見えてきました。


これらのカジカの仲間の抱卵の季節も終わりが近づきました。
もう、夏が近いということですかね。

d0162868_2375447.jpg

写真は南三陸町歌津の田束山の牧場の眺めです。
[PR]
by 1814sanu | 2010-06-01 23:14

エビ界の女王。

伊豆の八幡野では毎年この時期になると見ることができるエビさんがいます。

バルスイバラモエビというエビです。
生息場所としては水深50m以上の深場のスナイソギンチャクにいる奴ですが、何故か伊豆の八幡野と神奈川の城ヶ島では水深30m前後で見ることができます。
IOPや大瀬崎では水深50m以上が普通なので、八幡野での水深はかなりラッキーだと思います。

d0162868_23364447.jpg

子供のバルスイバラモエビ。2008.5 八幡野ビーチ(八幡野)

住みかのスナイソギンチャクがキレイなことと、赤い縞模様がキレイなことから、伊豆エリアで”エビ界の女王様”と呼ぶ人が多いです。
そんな女王様も寿命は1年しか生きれません。
上の写真の姫様は最初は体長5mm程度でしたが・・・

d0162868_23472139.jpg

大人のバルスイバラモエビ。2008.5 八幡野ビーチ(八幡野)

エビも人間と一緒で太ってシミが出来てきます。写真のバルスは4cmほどの大きさになりました。
でも、エビは約1ヶ月ぐらいで脱皮を繰り返すので、あっという間にシミが無くなります。。。
そこが人間と違うのですが、半月ぐらいで再度シミが出てきます。
何でも、一度出来たシミはエビでも消せないようです。。。


そんなバルスイバラモエビを今週末に見に行きます。
[PR]
by 1814sanu | 2010-05-17 23:42

開設。

本日よりブログを開設しました。

mixiなどで日記は既に書いていますが、ココではもっとコアな事柄や独り言を書こうと思っています。
タイトルの”膝クリ”は江戸時代の滑稽本”東海道中膝栗毛”(十辺舎一九 著)からです。

誤字脱字やら駄文やらで拙い文章になりますが・・・
僕のコアな独り言に御付き合いくださいませ。。。(笑)




d0162868_12232989.jpg



画像はJR山口線の湯田温泉駅です。2010.4.25
[PR]
by 1814sanu | 2010-05-15 12:27